大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都・滋賀で圧倒的低料金 家庭教師のマナベスト 大阪
お電話でのお問い合わせ0120-674-555
お電話でのお問い合わせ0120-674-555

メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら

ホーム > スタッフブログ

家庭教師のマナベスト スタッフブログ

受験生の夏休みの過ごし方

2017/07/22

長い夏休みが始まりました。

夏休みが大事なのは分かるけど、どう勉強していいのか分からないという生徒さんも多いかもしれません。

そこで、ほとんどの受験生に効果的だと思う方法をアドバイスします。


まず、勉強時間の目安です。必要な時間は志望校やレベルによって違いますが、高校受験生は1日6時間が目安です。

朝9時から12時まで勉強して、1時間休憩して午後1時から4時まで勉強すると6時間になります。

ほとんど学校の授業での勉強時間と同じです。


志望校との差が大きい生徒は1日8時間が目安。

他の子と同じ勉強量ではいつまでも追いつけません。

学校の授業後に家庭教師で2時間勉強したとして、合計8時間です。


また、朝9時から12時と書きましたが、50分1タームにして10分休憩を入れるようにしましょう。それを午前3ターム、午後3ターム(プラス2ターム)、というように時間で区切りましょう。

次に科目についてですが、「今日は数学、明日は英語」という計画を立ててしまう生徒がいますが、『毎日5科目』が理想的です。

毎日5科目で、今日は数学を多く、明日は英語を多く、という勉強が良いでしょう。
また、問題集は繰り返せと言いますが、1度目は全問を解いて間違えた問題や分からなかった問題をチェックしておきます。

2度目はその問題のみ解きます。

そこでも間違えた問題や、不安な問題にはさらにチェックを入れて、3度目を解きます。

夏休み中に1度目、行ければ2度目まで解いておくと、夏休み明けは少ない時間で効率良く復習することができます。


自分で計画を立てづらい場合は、家庭教師の先生に相談して一緒に立ててもらいましょう!

時には息抜きも大切ですが、後悔のない夏を過ごしましょう。